俺の家がこんなに住みやすいわけがない

量産型アニオタの快適な家づくり@大阪(2018.01~)

【家の性能】断熱材について


はいどーも、ふりぃです


封神演義なつかしいですねー
昔のアニメ版の終わり方は
もう覚えてないですw



前回の記事は
お酒入ってただけあって
雑に書かれてましたね←✕


今回は断熱材について
勉強していきましょー
詳細は自分で調べてね!


1.断熱材について

住宅展示場に行くと
壁や床、屋根が
どういう構造に
なっているか見せてくれます。


セットで断熱材について
説明されることが
多い気がしますね。


断熱材はその名の通り
熱を遮断する材質です。
性能は、材質の熱の通しにくさ、
材質の厚みでだいたい決まります。


厚ければ厚いほど
断熱性は高くなりますが
「家」という構造上
もちろん厚さには限界があります。


そのため、壁の内側と外側の
両方に断熱材を使う
ダブル断熱!なんてのも
あるみたいですねー


一条工務店:ダブル断熱
泉北ホーム:内断熱?
セキスイハイム:内断熱?
ヘーベルハウス:ダブル断熱


2.断熱材の種類について

さて本題です。


使う断熱材によって
断熱性能は変わります。


詳細な熱伝導率は
同じ種類の断熱材でも
グレードによって
異なるため調べたほうが良いです。


繊維系断熱材で
グラスウール
ロックウール
セルロースファイバー

の3種があり
グラスウールが
日本で一番使われている
断熱材みたいです。


ただ、グラスウールは
価格が安くコストパフォーマンスに
優れる反面、
施工品質により性能が劣化する
湿気によりヘタれると
下に垂れ下がり隙間が生じる
等の課題もあるようです。


繊維系の他には
発泡プラスチック系断熱材
というものがあるようで
ポリスチレンフォーム
ウレタンフォーム
フェノールフォーム

3種があり
最近の高断熱の世界で
使われ始めているようです。


繊維系に比べ湿気への
抵抗は高いみたいですね。


繊維系にも利点はあり
無機質で燃えず有毒ガスも出ない
ということで
防火不燃性が高いようです。



各メーカの壁を比較してみましょう


一条工務店:高性能ウレタンフォーム
         熱伝導率0.020W/m・K
      140mm+50mm
泉北ホーム:フォームライトSL
     (吹付け型ウレタンフォーム)
         熱伝導率0.034W/m・K
      80mm?
セキスイハイム:グラスウール16K
        熱伝導率0.045W/m・K
        80mm?
ヘーベルハウス:ネオマフォーム
     (フェノールフォーム)
        熱伝導率0.020W/m・K
        45mm


ここまでくると一条工務店の
性能の良さの理由がわかりますね


3.最強の断熱材

あれ?断熱材ってこれで終わり?
ってなりませんでしたか?


ふりぃの中で
断熱材と言われて思いついた
身近なアレが出ていません。


そうです。








真空断熱


魔法瓶とかで使われているやつです



調べたらちゃんとありました!



熱伝導率は脅威の0.002W/m・K


一条工務店で使われている
高性能ウレタンフォームの
10倍の性能です!


つまり、一条工務店は190mm
の厚みを持たせているのに対し
VIP-Aであればたった19mmで
同等の断熱性能ということに。


うーん、すごい。


まさしく最強の断熱材。
でもお高いんでしょう?



従来の断熱材と組み合わせて
現実的な厚みで最大の性能を!
とかできたら良さそうですね。




もう一度お伝えしときますが、
ふりぃは一条工務店推しと
いうわけではありません


3階建てが難しい
床暖房がいらないんじゃないか
ってところで絶賛悩み中です。


一条工務店の家の仕組みを
他メーカーで実現できるのが
一番良いのかもしれませんね。




マイホーム計画③

はいどーも、ふりぃです。


ラーメン大好き小泉さんは
夜中に見てはいけません!


本当は断熱材について
書こうと思ってたんですが
お酒が入りすぎて
まともじゃないので
軽く書ける内容に
変えます!←✕



マンション・戸建て

永遠のテーマ!
そう、戸建てで注文住宅を考えている
ふりぃがマンションを
これでもか、と否定します。


正直、一長一短なので
何が良いとか悪いって
世界じゃないですよね。



ふりぃがマンションをやめた理由は


1.終の住まいではないと感じた
2.予想できないランニングコスト
3.決定権は自分にない


の3点です



1は、営業の方がしきりに
資産価値があります!
10年後も20年後も売れます!
と熱く語っていたことです。



駅近で利便性も良いため、
マンションは資産として
捉えられていることが多く
10年後、20年後には売りに出す
前提で購入している人も
いるでしょう。



相乗りバス、と言われる以上、
50年を見据えて
住んでいくには
愛着が薄くなると感じました。




2は、主に修繕積立金についてです。
日本のマンションの9割は
修繕積立金の計画が破綻するようです。



要因は大きく3つで


管理会社が金儲けを考えること
空き部屋に応じてお金が不足すること
管理は持ち回りで責任が薄れること



そのため健全なマンション運営は
非常に難しく、
毎月の管理費、駐車場代にプラスされる
修繕積立金が増えることに陥りやすいです。
調べるとすぐわかります。


大規模修繕を狙う業者、
将来は出ていくから
自主性の低い住民と
10年、20年の大規模修繕に
向けた不安材料は多いです。


中古マンションを探すと
修繕積立金が高い部屋が
見つかると思います。


戸建ての場合、
修繕のため、毎月3万円程度の
貯蓄が相場となりますが、
マンションの場合、
管理費+積立修繕金+駐車場代
だけで最初から月3万円もすれば、
その後は増えていくことに対し
先の計画が立てづらいです。



3は決定権についてです。
隣や上下の音が気になるも改善なし
リフォームするには許可が必要
不満は管理組合で対応
と、自分1人では
どうしようもないことが
可能性として高いです。


ふりぃにとっては
ストレスですね。




この3つの理由から
ふりぃには向いていないと
感じ、戸建てを検討しています。



戸建てであれば、
修繕も自分の計画で建てれる
全ての責任は自分にある


と何かあっても
後悔するのは自分の責任なので
最後の納得はできそうです。





【家の性能】窓について

はいどーも、ふりぃです。


今季は豊作かもしれないです。
からかい上手の高木さんが良いですね。
りえりー尊い。



さて、本日は窓のお勉強です。
詳細は自分で調べてね!


1.窓とは、、、

窓って言われましても、ねぇ?
普通に生活してて
「あ、この窓、◯◯製だ!」
って言う人見たことあります?
気にしないでしょ、、、


いつも通り検索ですね。
表示の上の方に
メーカー名が出てきました。


その名も


YKKAP!


LIXIL!




聞いたことないんだが?
ふりぃが無知なだけ?


2.窓の性能について

YKKAPのAPW430ってのを
見てみましょうかね。




①トリプルガラス
②ダブルLow-E膜
③中空層 アルゴンガス
④樹脂スペーサー
⑤障子フレーム
⑥枠フレーム
⑦かかり代50㎜


性能である
熱貫流率は0.90W/(㎡・K)!


なるほど(わからん)




熱貫流率ってのは
熱の通しやすさのようですね。
なので、値が小さいほうが
断熱性能が高い、と。



窓の構成も思った以上に
複雑のようですねー。


①トリプルガラス

ってのはわかりやすい。
ガラスがなんと3枚。


バリアも3重なら
突破されないですからね←✕


スウェーデンハウスの話と
総合すると
2枚のペアガラスってのが
まだ主流だけど
3枚のトリプルガラス
採用され始めてるって
ことでしょうね。

②ダブルLow-E膜

Low-E膜ってのは
ガラスの断熱性能を
強化するための膜ですね。
これも枚数で性能UPって
ことでしょう。


③中空層 アルゴンガス

複数のガラスの間に
熱を通しにくいガスを入れる
ことで性能UPのようです。


性能的には
クリプトンガス>アルゴンガス>空気
ですが、クリプトンガスは高価なようで
採用されにくいみたいですね。


ガラスを分厚くすれば
いいんじゃないの?
って気がしますけど
施工技術の問題か
需要やコストの
兼ね合いでしょうね、きっと。


クリプトンガスを採用した
APW430Krは
熱貫流率は0.78W/(㎡・K)!


特別仕様って書いてありますw


④~⑦スペーサー、フレーム等

いわゆる窓枠の部分です。
スペーサーはガスを封入する
ためのものですかね。


採用されている材質は
樹脂かアルミ


性能的には
樹脂>アルミ


たぶん樹脂はアルミより高いんでしょう。
一部は樹脂、一部はアルミ
なんていう複合窓もあるようです。


3.ハウスメーカーの窓

■一条工務店
ガラス:2枚
Low-E膜:2枚
ガス:クリプトン
枠:樹脂
スペーサー:樹脂
熱貫流率:0.80W/(㎡・K)
※防犯ガラスを一部窓で使用


■泉北ホーム
YKKAPのAPW330のようです
ガラス:2枚
Low-E膜:2枚
ガス:アルゴン
枠:樹脂
スペーサー:樹脂
熱貫流率:1.31W/(㎡・K)


■セキスイハイム
ガラス:2枚
Low-E膜:不明
ガス:不明
枠:アルミ樹脂複合
スペーサー:不明
熱貫流率:不明


■ヘーベルハウス
ガラス:2枚
Low-E膜:1枚
ガス:不明
枠:アルミ樹脂複合
スペーサー:不明
熱貫流率:不明



これを見ると断熱性の
差がなんとなく
わかる気がしますね。



窓は断熱のウェイトを
かなり閉めるだけあって
できる限り
良いモノすべきですかね



APW430Krって
いくらするんだろ